テスラ サイバートラック、専用の電動ATVを設定予定

テスラのイーロン・マスクCEOは、『サイバートラック』(Tesla Cybertruck)の荷台に積載できる専用の電動ATV(四輪バギー。オール・テレイン・ビークル=全地形対応車)を、サイバートラックの発売時にラインナップする計画を、ツイッターで発表した。

このATVは2019年11月、サイバートラックの初公開イベントにおいて披露され、市販化に注目が集まっていた。乗車定員は2名だ。

テスラのイーロン・マスクCEOは今回、この電動ATVをサイバートラックと同じタイミングで発売することを目指すと、ツイッターで発表した。マスクCEOは、「電動ダートバイクはクール」と話す。

サイバートラックの生産開始は、2021年の後半の予定だ。サイバートラック専用の電動ATVは、このタイミングで発売される可能性が出てきた。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース