ヤマハ NMAX125、エンジン停止のおそれ 改善対策でカムチェーンテンショナー交換へ

ヤマハ NMAX125(2017年)
  • ヤマハ NMAX125(2017年)
  • 改善箇所

ヤマハ発動機は11月26日、原付2種スクーター『NMAX125』のエンジンに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは2015年9月21日~2017年1月13日に製造された1万0480台。

対象車両はカムチェーンテンショナー内部のスプリングの強度が不足しているため、カムチェーンの振れによりスプリングが破損するものがある。そのため、異音が発生し、最悪の場合、カムチェーンが外れてエンジンが停止して、再始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、カムチェーンテンショナーを対策品に交換する。

不具合は88件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • プジョーのネオレトロスクーター『ジャンゴ アリュール』、軽二輪モデルを追加 画像 プジョーのネオレトロスクーター『ジャンゴ アリュール』、軽二輪モデルを追加
  • プロトコーポレーション、スクーターシェアサービスに参画 画像 プロトコーポレーション、スクーターシェアサービスに参画
  • ホンダ、原二スクーター『リード125』のカラーバリエーション変更へ 画像 ホンダ、原二スクーター『リード125』のカラーバリエーション変更へ
  • ホンダ CT125 はハンターカブの再来か、発売は「反響次第で」…東京モーターショー2019 画像 ホンダ CT125 はハンターカブの再来か、発売は「反響次第で」…東京モーターショー2019

特集

おすすめのニュース