BMWグループが電動化を促進、次世代バッテリー調達の新契約…総額102億ユーロ

BMWグループとサムスンSDIの次世代バッテリー調達の新契約
  • BMWグループとサムスンSDIの次世代バッテリー調達の新契約

BMWグループ(BMW Group)は11月21日、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)向けの次世代バッテリーを調達する新契約を締結した、と発表した。

BMWグループは2019年6月、2025年までに25の電動車両を発売するという電動化目標を2年前倒しして、2023年までに達成すると発表した。

25車種のうち、12車種はEVとなる予定だ。残りの13車種については、プラグインハイブリッド車(PHV)やハイブリッド車になる。

具体的には、2019年7月にMINI「ハッチバック」のEV、MINI『クーパーS E』を発表した。2020年には、BMWブランド初の市販EVとして、『X3』ベースの『iX3』を導入する。2021年には、新型EVのBMW 『iNEXT』や『i4』を投入していく。

BMWグループは今回、EVやPHV向け次世代バッテリーを調達する新契約を締結した。中国のCATLから73億ユーロ分、韓国のサムスンSDIから29億ユーロ分、総額102億ユーロ分のバッテリーを調達し、電動化を促進する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース