車上カメラで雪の状況を確認…東海道新幹線で今冬からリアルタイムな雪害対策

今冬からカメラを活用した雪害対策が取り組まれる東海道新幹線。
  • 今冬からカメラを活用した雪害対策が取り組まれる東海道新幹線。
  • 列車の徐行や速度の判断では、従来の運転士の目視・口頭による状況報告のほかに、カメラが取得した画像によるリアルタイムな状況把握も採り入れる。
  • 車両床下のカメラと運転台のカメラから得られたデータを照らし合わせて状況を分析することで、着雪のメカニズムを解明する。
  • 車上カメラによる着雪状況の監視イメージ(左)。右の地上カメラによる監視方法と併用して雪の状況を適切に把握する。
  • 融雪ヒーターを使った車両床下着雪防止に向けた取組みイメージ。融雪ヒーターにフサギ板を取り付け着雪状況を確認する。

JR東海は11月20日、東海道新幹線で今冬から新たな雪害対策を実施すると発表した。

冬季の東海道新幹線では、走行時に舞い上がり車両床下に付着した雪が塊となって線路上に落下し、その拍子でバラストが跳ね上がり床下機器を損傷させることがある。それを防止するため、従来は運転士から口頭により伝達される現地状況を基に、指令が徐行区間の設定や速度の判断を行なっていた。

また、関ヶ原付近を含む岐阜・滋賀県内を中心とした降雪地帯沿線では、雪の舞い上がりを防止する対策としてスプリンクラーによる散水や、みぞれか雪かを判断する「降雪情報装置」を使った濡れ雪判断を実施。除雪車やポイント不転換を防ぐ電気融雪器の導入なども行なわれている。

新たな雪害対策では、50編成の運転台にカメラを設置することで、列車前方の画像をリアルタイムに指令へ伝送。徐行や速度の設定をよりきめ細かくタイムリーに行なう。

さらに4編成には床下にもカメラを設置し、その着雪状況を伝送。運転台に設置されたカメラから取得した気象や積雪量といった環境条件を照らし合わせて、着雪との関連性を解明するとともに、床下に設置された融雪ヒーター付きフサギ板への着雪状況を確認するとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 2022年度までに24編成が登場…日本車輌製造が東海道新幹線N700Sを384両受注 画像 2022年度までに24編成が登場…日本車輌製造が東海道新幹線N700Sを384両受注
  • 「ドクターイエロー」いらず!?…東海道新幹線の営業用車両に地上設備の監視システムを搭載 2021年4月から 画像 「ドクターイエロー」いらず!?…東海道新幹線の営業用車両に地上設備の監視システムを搭載 2021年4月から
  • 指令所から直接、車内放送が可能に---9月から東海道新幹線のセキュリティを順次 画像 指令所から直接、車内放送が可能に---9月から東海道新幹線のセキュリティを順次
  • 東海道新幹線の着氷霜をリアルタイムに検知…パンタグラフの損傷を抑える監視システム 2020年度に導入 画像 東海道新幹線の着氷霜をリアルタイムに検知…パンタグラフの損傷を抑える監視システム 2020年度に導入
  • 走りながら東海道新幹線の軌道を監視するシステムを強化へ---確認試験車N700Sで試用 画像 走りながら東海道新幹線の軌道を監視するシステムを強化へ---確認試験車N700Sで試用

特集

おすすめのニュース