マルチスズキと豊田通商、インドに車両解体とリサイクルの合弁会社設立

豊田通商の技術提携先である日本の自動車解体事業者(参考画像)
  • 豊田通商の技術提携先である日本の自動車解体事業者(参考画像)

スズキのインド子会社マルチ・スズキは、豊田通商、豊田通商グループの子会社TTIPLとともに、使用済み車両の解体とリサイクルを行う合弁会社「Maruti Suzuki Toyotsu India Private Limited(MSTI)」を設立したと発表した。

インドでは、自動車の保有台数が4600万台、新車販売台数は年間400万台以上になるなど、自動車市場が拡大。それに伴い、使用済み車両の回収、廃棄といった課題も顕在化しており、自動車リサイクルに関する法制化の準備が進められている。マルチ・スズキは、使用済み車両に関する課題を解決するため、法制化に先立って、自動車解体・リサイクル事業の実績を持つ豊田通商グループと合弁会社MSTIを設立した。

MSTIは、ウッタル・プラデーシュ州のノイダ地区に車両解体およびリサイクル施設を2020年度中に設立。使用済み車両の仕入れから解体、廃液の抜き取りなど環境に配慮した操業を行い、処理されたスクラップを素材として販売する。同施設はMSTIの最初の施設であり、将来的には月間2000台の処理台数を目指し、今後インド国内に展開していく。使用済み車両は、マルチ・スズキ販売店だけでなく、直接個人の顧客からも回収する。

なおMSTIへの出資は、マルチ・スズキとTTIPLを含む豊田通商グループがそれぞれ50%ずつとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱自動車、2018年度リサイクル収支黒字分から2億円を関連財団へ拠出 画像 三菱自動車、2018年度リサイクル収支黒字分から2億円を関連財団へ拠出
  • 豊田通商など、自動車の樹脂リサイクル実証事業は最終段階 ユーザー負担軽減を目指す 画像 豊田通商など、自動車の樹脂リサイクル実証事業は最終段階 ユーザー負担軽減を目指す
  • スズキの2018年度リサイクル実績、5億3666万円の黒字 画像 スズキの2018年度リサイクル実績、5億3666万円の黒字
  • 豊通マテリアル、メタルドゥへ追加出資 車載用電池リサイクル事業を強化 画像 豊通マテリアル、メタルドゥへ追加出資 車載用電池リサイクル事業を強化

特集

おすすめのニュース