【MotoGP 日本GP】ドゥカティのアイコニックなバイクが集合、パニガーレ V4Sも…ドゥカティブース

MotoGP 日本GP ドゥカティブース
  • MotoGP 日本GP ドゥカティブース
  • MotoGP 日本GP ドゥカティブース
  • MotoGP 日本GP ウォームアップ走行
  • MotoGP 日本GP ドゥカティブース
  • MotoGP 日本GP ドゥカティブース
  • MotoGP 日本GP ウォームアップ走行
  • MotoGP 日本GP ドゥカティブース
  • MotoGP 日本GP ドゥカティブース

ツインリンクもてぎで開催されている「2019 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ」。ドゥカティのブースには、『パニガーレ V4S』をはじめとした多様なモデルが展示された。

スーパースポーツモデルの代表であるパニガーレの背景にはMotoGPをイメージしたパネルが設置されており、GPレーサーのような気分を味わえる演出になっている。ブースを訪れた来場者は絶え間なくパニガーレにまたがっていた。

スクランブラーは新型を含めた3車種が展示された。注目を集めているのは、カフェレーサーに仕上げられた『スクランブラー カフェレーサー』。60年代のカフェレーサーをオマージュした低いセパレートタイプのハンドルや、シリーズで唯一の17インチホイールが特徴だ。シルバーとブルーのコンビネーションは、1977年の『900SS』カラーリングをイメージしており、歴史と最新技術が融合した1台。

その他、ネイキットモデルの『モンスター821 ステルス』、ハイパフォーマンスなモタードモデルである『ハイパーモタード 950 SP』、メガクルーザーモデルの『ディアベル』など、幅広いジャンルのバイクが並んでいた。

《後藤竜甫》

編集部おすすめのニュース

  • 【MotoGP 日本GP】Moto2、Moto3と同スペックのエンジンオイルも紹介…リキモリブース 画像 【MotoGP 日本GP】Moto2、Moto3と同スペックのエンジンオイルも紹介…リキモリブース
  • 【MotoGP 日本GP】Moto2のエンジン技術で進化した、新型ストリート トリプルRSを展示…トライアンフブース 画像 【MotoGP 日本GP】Moto2のエンジン技術で進化した、新型ストリート トリプルRSを展示…トライアンフブース
  • 【MotoGP 日本GP】“羽つき”のスーパースポーツからデュアルパーパスまで…ピアッジオブース 画像 【MotoGP 日本GP】“羽つき”のスーパースポーツからデュアルパーパスまで…ピアッジオブース

特集

おすすめのニュース