ボルボ XC40 のEV、グーグル・アンドロイド 車載へ…10月16日発表予定

ボルボ XC40 のEVのインフォテインメントシステムに車載化されるグーグル「アンドロイド」
  • ボルボ XC40 のEVのインフォテインメントシステムに車載化されるグーグル「アンドロイド」
  • ボルボ XC40 のEVのインフォテインメントシステムに車載化されるグーグル「アンドロイド」
  • ボルボ XC40 のEVのインフォテインメントシステムに車載化されるグーグル「アンドロイド」

ボルボカーズは10月9日、10月16日に初公開するボルボ『XC40』(Volvo XC40)のEVに、グーグルの「アンドロイド(Android)」ベースの新開発インフォテイメントシステムを採用すると発表した。

ボルボカーズはグーグルと提携し、過去数年にわたり、共同で開発を進めてきた。そして今回、アンドロイドを搭載したXC40のEVのインフォテインメントシステムに、「グーグル・アシスタント(Google Assistant)」、「グーグル・マップ(Google Maps)」、「グーグル・プレイ・ストア(Google Play Store)」を組み込む。

この新しいシステムによって、グーグルのオープンソース・アンドロイド・プラットフォームの「アンドロイド・オートモーティブOS(Android Automotive OS)」を完全に統合した。グーグル・マップ、グーグル・アシスタントの他にも、世界各地の開発者のコミュニティが作成した自動車用アプリなどのサービスを、リアルタイムで更新できるようになる。

XC40のEVは、ボルボカーズ車として初めて、ソフトウェアとオペレーティングシステムのアップデートをワイヤレスで受信できるようになる。

アンドロイド・オートモーティブOSの最も優れた機能のひとつに、何百万人もの開発者が慣れ親しんだアンドロイドのオペレーティングシステムを採用しており、車載用に調整されているという点がある。車両にはグーグルとボルボカーズが共同で開発したテクノロジーとサービスが組み込まれており、グーグル・プレイ・ストアを通じて自動車用に最適化し、適合させた音楽アプリやメディアアプリを追加で入手できる。

また、グーグル・アシスタントは音声だけで、車両の機能を利用できる。例えば車内の温度調整や、目的地の設定、スポティファイ(Spotify)などのアプリで、好きな音楽やポッドキャストの再生、メッセージを送信して、連絡を取り合うこともできる。

グーグル・マップは、最新の地図や交通に関するデータをリアルタイムで提供し、ドライバーにこれから向かう先の交通状況を知らせ、積極的に代替ルートを提案したり、最寄りの充電スタンドに寄るよう提案したりする。

また、豊富な情報を持つ最新の地図データを使用して、XC40の先進運転支援システム(ADAS)の機能を強化することが可能だ。ルート上の制限速度やカーブなどの重要な情報を、ドライバーに知らせることができるようになる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • LINEカーナビ、車載ナビなどSDL対応機器との連携開始…カローラ 新型も 画像 LINEカーナビ、車載ナビなどSDL対応機器との連携開始…カローラ 新型も
  • テスラEVの車載大型ディスプレイ、YouTube や Netflix が視聴可能に 画像 テスラEVの車載大型ディスプレイ、YouTube や Netflix が視聴可能に
  • GM、アマゾン「アレクサ」を車載化へ…2020年前半から 画像 GM、アマゾン「アレクサ」を車載化へ…2020年前半から
  • ZFが通信するホイール開発、センサー組み込みは世界初…フランクフルトモーターショー2019 画像 ZFが通信するホイール開発、センサー組み込みは世界初…フランクフルトモーターショー2019

特集

おすすめのニュース