アイシングループ、体験型コンセプトカー「i-mobility TYPE-C」国内初出展へ…東京モーターショー2019

アイシングループ ブースイメージ
  • アイシングループ ブースイメージ

アイシングループは、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展、「歴史が裏付けるアイシングループの技術力と、未来への挑戦」をテーマに、過去から現在の取り組み、将来の技術開発を紹介する。

アイシングループはこれまでも、ハイブリッドトランスミッション、カーナビゲーションシステム、駐車支援システムなど、世の中の動きや変化をいち早くとらえ、将来必要となり得る先端技術の開発や基礎研究を行い、世界初を含む様々な製品を提案してきた。

今回、多様化するモビリティ社会での様々なユーザーや乗車状況を想定した技術・サービスを搭載した「i-mobility TYPE-C」(未来)を国内初出展するほか、アイシングループの幅広い事業領域を訴求した「i-mobility TYPE-T」(現在)、アイシン精機従業員がレストア製作した1960年代のトヨタ自動車『スポーツ800』(過去)を展示する。

i-mobility TYPE-Cでは、車室内やドライバーを検知する技術と車体製品の連携で、乗員の動きや状況に合わせたドアの開閉やシートの調整、忘れ物の通知など、快適な移動のための“おもてなし"をデモンストレーションで見ることができる。

また、「CASE」の各領域で、社会が抱える課題を実際に解決してきたこれまでのアイシングループの製品・技術と、新しい目線でその課題の解決を目指し開発を進めている現在・未来の製品・技術を映像やパネル展示で紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集