オートエクゼ、マツダ3 チューニングキット発売 新世代モデル向け第1弾

オートエクゼは、『マツダ3』用にチューニングキットAutoExe「BP-06」を新設し、全国のマツダ販売会社、有名カー用品店、オートエクゼ商品取扱店などを通じて発売した。

BP-06は、新世代マツダ車に向けたチューニングキット第1弾。マツダ3が持つポテンシャルを引き出したストリートベストチューニングを提案する。

ファストバックモデル用のスタイリングキットはピアノブラック塗装済。同社のアイデンティティに基づくシンプルなマークレスグリル、ワイド&ローを強調するフロント&リアアンダースポイラー、個性的なリアフォルムを際立たすルーフスポイラーなどを設定し、端正な力感を表現する。

価格(取付費・消費税別)は、フロントアンダースポイラーが8万2000円、フロントグリルおよびリアルーフスポイラーが各7万8000円、リアアンダーパネルが4万2000円、スポーツサイドバイザーが2万3000円。

機能面では、新プラットフォーム用にボディ補強やロールの過渡特性を磨いたサスペンション、エンジンのレスポンスアップを狙った吸排気といったパーツを新設計。ガソリン/ディーゼル車ともに幅広くに対応する。

価格はローダウンスプリングが3万6000円、アジャスタブルスタビライザーリンクが2万2000円、スポーツスタビライザーが2万6000円、ストラットタワーバーが2万4000円、プレミアテールマフラーが8万3000円より、ターボパイプが4万8000円など。

今後は車高調整式サスペンションキットやラムエアインテークなど本格アイテムやSKYACTIV-Xエンジン搭載車対応品などを継続開発し、スポーツ志向のマツダ3ユーザーの要望に応えていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース