自動車メーカーの予防安全技術の開発動向などを紹介 シンポジウムを10月29日に開催

東京ビッグサイト
  • 東京ビッグサイト

国土交通省は、10月29日に、東京ビッグサイトで、一般ユーザーなどを対象とした自動車安全シンポジウムを開催し、自動車メーカーの予防安全技術の開発動向や、車両安全対策の実施状況、今後の方向性について紹介する。

国土交通省では、自動車安全対策を推進するため、一般ユーザーや業界関係者の意見を収集するため、2000年度から毎年、自動車安全シンポジウムを開催している。

今回開催する第20回自動車安全シンポジウムでは、安全運転サポート車(サポカー)の普及促進が求められる中、「予防安全技術による安全対策について」をテーマに、自動車メーカーにおける予防安全技術の開発動向、車両安全対策の実施状況、今後の方向性を紹介する。

参加希望者を日本自動車研究所のウェブサイトで募集する。締め切りは10月23日で、定員300人に達し次第、締め切る。参加は無料。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【MaaS】概念もモデルも固まっていないうちは制度や仕組みの決め打ちはしない…国土交通省 モビリティサービス推進課長 重田裕彦氏[インタビュー] 画像 【MaaS】概念もモデルも固まっていないうちは制度や仕組みの決め打ちはしない…国土交通省 モビリティサービス推進課長 重田裕彦氏[インタビュー]
  • 自動運転で時間的・場所的な制約から解放---国土交通白書 画像 自動運転で時間的・場所的な制約から解放---国土交通白書
  • 三菱ふそう、中型トラック『ファイター』2019年モデル発売 先進安全装置とテレマティクス機能搭載 画像 三菱ふそう、中型トラック『ファイター』2019年モデル発売 先進安全装置とテレマティクス機能搭載
  • メルセデスベンツ、ヴィジョンEQS アジア初公開へ…東京モーターショー2019 画像 メルセデスベンツ、ヴィジョンEQS アジア初公開へ…東京モーターショー2019

特集