GM、アマゾン「アレクサ」を車載化へ…2020年前半から

GM(General Motors)は9月25日、アマゾン「アレクサ」(Amazon Alexa)を一部車種に車載化すると発表した。

アレクサは、アマゾンのAI(人工知能)ベースの音声アシスタントサービスだ。アレクサに呼びかけるだけで、走行中にドライバーが音声でエンターテインメントをコントロールしたり、ニュースを入手したり、ショッピングリストにアイテムを追加したり、スマートホームサービスを利用したりすることができる。

GMは2020年前半から、キャデラックやシボレーなど全4ブランドの一部車種にで、このアレクサを車載化する。ドライバーは簡単な音声コマンドで、アレクサを利用できるようになる。

例えば、ナビゲーションシステムと連携して、アレクサに最寄りのディーラーやコーヒーショップの場所を質問できる。アレクサは、GM車のナビゲーションシステムや自然言語を活用した「OnStar 」のターンbyターンナビゲーションと、シームレスに統合される。

メディア関連では、アレクサに音楽、アーティスト、ジャンル、オーディオブックポッドキャストを再生するように依頼できる。 アレクサは、ストリーミングサービスを起動して、ドライバーの要求に応える。

また、ドライバーは、Bluetooth経由でスマートフォンをペアリングし、音声コマンドを使用して友人や家族に電話するよう、アレクサに頼むことができる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース