BMWのカーシェア、EVの i3 を200台に倍増へ…独ミュンヘン市と提携拡大

カーシェア分野で提携を拡大したBMWグループとドイツ・ミュンヘン市の首脳
  • カーシェア分野で提携を拡大したBMWグループとドイツ・ミュンヘン市の首脳

BMWグループ(BMW Group)は9月4日、ドイツ・ミュンヘン市との提携を拡大し、2019年内に200台のEV『i3』を、カーシェアリング車両として配備すると発表した。

BMWグループとダイムラーは2019年初頭、カーシェアリング事業を統合し、「SHARE NOW」を立ち上げた。SHARE NOW は、BMW、MINI、スマート、メルセデスベンツの各ブランド車でカーシェアリングを行っており、カーシェアリング事業のさらなる拡大を目指している。

現在、SHARE NOWは、ミュンヘン市で85台のBMW i3を稼働させている。2019年内に、これを2倍以上の200台へ増やす。これまで使用されていた85台のBMW i3は、航続を拡大した最新世代のi3の200台に置き換えられる。

また、ミュンヘン市は2020年末までに、充電ポストを現在の460から550か所へ、充電ポイントを現在の920から1100か所に拡大する計画だ。これにより、住宅、商業用地、公共駐車場に、最大1655か所の充電ポイントが整備される。民間プロバイダーによる最大400か所の充電ポイント設置も予定されている。

あおり運転対策などで注目を集めクルマには必須の装備となっているドライブレコーダーだが、その記憶媒体のSDカードは過酷な環境で…

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ダイムラーのカーシェアが10周年、BMWグループとの統合で事業拡大へ 画像 ダイムラーのカーシェアが10周年、BMWグループとの統合で事業拡大へ
  • 日産のEVシェア「e-シェアモビ」、福島復興に向け4つ目のステーション開設 画像 日産のEVシェア「e-シェアモビ」、福島復興に向け4つ目のステーション開設
  • オリックスカーシェア、燃料電池自動車 MIRAI を都内に36台配備 2020年1月より 画像 オリックスカーシェア、燃料電池自動車 MIRAI を都内に36台配備 2020年1月より
  • BMW i8 にソフィストグレーの最終仕様 全世界200台、日本価格は2312万円から 画像 BMW i8 にソフィストグレーの最終仕様 全世界200台、日本価格は2312万円から

特集