三菱ふそう、小型バス『ローザ』2019年モデルを発売…安全性と快適性を向上

三菱ふそうトラック・バスは、先進安全装置を新搭載し、インテリアを一新した小型バス『ローザ』の2019年モデルを8月30日に発表、10月より販売開始する。

同モデルは、衝突被害軽減ブレーキ、車両安定性制御装置(ESP)、車両逸脱警報装置(LDWS)等の先進安全技術を採用。さらに、坂道発進補助装置「EZGO(イージーゴー)&ヒルスタートアシスト機能」を装備することで、小型バスにおいても安全運転サポート機能を大幅に強化。また、平成28年度排出ガス規制に適合し、平成27年度重量車燃費基準+10%を達成した。

インテリアも一新。インパネシフトなどの様々な操作系スイッチ類をドライバーの自然な手の動きに合わせた配置にしたほか、インジケーター類を中心部に配置。Bluetooth搭載でハンズフリー電話にも対応するAM/FMラジオも装備して、ドライバーの運転負担を軽減した。加えて、客席シートについても新たな材質を採用して快適性を高めた。

エクステリアについては、より良好な視界と視認性を確保するため、LEDヘッドランプを「プロライン」グレードに設定。夜間の運転視認性を高めたほか、長寿命化によりメンテナンスコストの低減を図った。

価格(東京地区)は、ロングボディ29人乗り室内プロ仕様で、758万5000円。

《丹羽圭@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース