松浦鉄道はたびら平戸口以西で運行再開…JR西日本でも運行見合せが発生 九州北部の大雨

たびら平戸口駅以西の折返しで運行を再開した松浦鉄道。
  • たびら平戸口駅以西の折返しで運行を再開した松浦鉄道。

国土交通省は8月29日、九州北部を中心に続いている大雨の影響による鉄道の被害状況(第2報)をまとめた。

5時時点の情報によると、JR九州では筑肥線肥前長野~桃川間で線路冠水、唐津線多久~岩屋間で築堤崩壊、佐世保線武雄温泉~永尾間で築堤崩壊と線路冠水が確認されている。

また、有田駅(佐賀県有田市)と佐世保駅(長崎県佐世保市)を結ぶ西九州線を運営する松浦鉄道では、廣島口~前浜間、たびら平戸口~西田平間で法面崩落、高岩~いのつき間で道床流出が確認されている。

これにより、JR九州では8月29日も、佐世保線肥前山口~早岐(はいき)間、唐津線久保田~唐津間、筑肥線山本~伊万里間が始発から運休しており、佐世保線を通過する博多~佐世保間の特急『みどり』、博多~ハウステンボス間の特急『ハウステンボス』も運休。一方、久大本線では12時15分から久留米~日田間が運行見合せとなっている。

松浦鉄道では、たびら平戸口~佐世保間で佐々14時44分発佐世保行きから運行を再開しており、佐世保~伊万里間の列車はたびら平戸口での折返し運行となっている。

このほか、JR西日本では11時時点で、山陰本線益田~下関間と長門市~仙崎間、美祢線(厚狭~長門市)、山口線(新山口~益田)で始発から運行を見合わせている。今後の状況次第では終日運休の可能性があるとしているが、代行バスは運行されない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 九州北部の大雨で松浦鉄道が全線運行見合せ…JR九州の佐賀、長崎県内でも被害 画像 九州北部の大雨で松浦鉄道が全線運行見合せ…JR九州の佐賀、長崎県内でも被害
  • 大雨で土砂流出のJR九州吉都線でバス代行 7月8日から延べ9日間運行 画像 大雨で土砂流出のJR九州吉都線でバス代行 7月8日から延べ9日間運行
  • 九州南部の鉄道、運行見合せが拡大…九州新幹線や鹿児島市電も一部ストップ 6月30日以来の大雨 画像 九州南部の鉄道、運行見合せが拡大…九州新幹線や鹿児島市電も一部ストップ 6月30日以来の大雨

特集

おすすめのニュース