JFEケミカル、負極材事業の合弁会社を中国に設立 EV普及に伴う需要を期待

天然黒鉛負極材(参考画像)
  • 天然黒鉛負極材(参考画像)

JFEスチールの子会社であるJFEケミカルと中国・宝山鋼鉄の子会社である宝武炭材は8月27日、中国での電池材料(人造黒鉛負極材)事業に関して、合弁会社烏海宝傑を設立すると発表した。

JFEケミカルは、主に日本市場で電池材料(負極材)事業を展開しているが、中国における事業展開の可能性も検討してきた。中国は電動自動車の普及を急速に進め、世界最大の市場となっており、その主要部材である負極材の大きな需要が期待できる。

今年3月の合弁意向書の締結以降、プロジェクトの事業性を検討してきたが、JFEケミカル、宝武炭材および天和炭化が出資参画し、各社の優位性を持ち寄ることで人造黒鉛負極材事業の発展をリードできるとの認識の下、中国内モンゴル自治区の烏海市における宝武炭材の炭素事業に隣接して負極材工場を建設し、製造、販売していくことを決定した。

烏海宝傑への出資比率は、JFEケミカル 40%(約1億0400万元=15億2000万円)、宝武炭材 51%(約1億3300万元=19億5000万円)、天和炭化 9%(約2300万元=3億4000万円)で、宝武側から董事長・総経理、JFE側から副董事長・副総経理を派遣、就任した。

今後、総額約5億元(約73億円)を投資し工場建設を進め、年間生産能力1万トンの設備を建設し、2020年後半には営業運転を開始する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • UL、フォーアールエナジーへEV用電池の転用に関する世界初の認証を発行 画像 UL、フォーアールエナジーへEV用電池の転用に関する世界初の認証を発行
  • BMW X5 新型のPHV、第4世代バッテリーでEVモード航続3倍に 画像 BMW X5 新型のPHV、第4世代バッテリーでEVモード航続3倍に
  • 米ホンダ、フィット EV の使用済みバッテリーを再利用へ…電力網に組み込む 画像 米ホンダ、フィット EV の使用済みバッテリーを再利用へ…電力網に組み込む
  • テスラ、EV向け電池の低コスト化を推進へ…米バッテリー企業を買収 画像 テスラ、EV向け電池の低コスト化を推進へ…米バッテリー企業を買収

特集