チャイルドシート使用率、4.3ポイントアップして初めて7割台…正しい取り付けには課題

(イメージ)
  • (イメージ)
  • チャイルドシート使用状況調査結果(2019年)

警察庁は、日本自動車連盟(JAF)と合同で実施したチャイルドシート使用状況の全国調査結果を発表した(8月21日)。

調査は6月1~16日に全国99カ所、6歳未満の乳幼児1万3112人を対象に実施した。チャイルドシート使用率は70.5%で、前年の調査から4.3ポイントアップした。7割台を達成したのは初めて。

年齢層別では1歳未満が3.6ポイントアップの88.0%、1~4歳が4.5ポイントアップの72.4%、5歳が3.9ポイントアップの48.0%だった。

8都道府県・16カ所で実施した取り付け・着座状況によると、適切な取り付けは47.6%にとどまった。腰ベルトの締付け不足などが多い。適切な着座割合も42.2%で、ハーネスの締め付け不適正などが多い。

警察庁では今後、チャイルドシートの正しい使用の徹底を図るため、地方公共団体、関係機関・団体などと連携して保護者に対する広報啓発・指導を推進していく。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース