メルセデスベンツの新型EVバス、パンタグラフやルーフレールから急速充電…新コンセプトの充電施設

メルセデスベンツ eシターロ 向けの新コンセプトの充電ステーション
  • メルセデスベンツ eシターロ 向けの新コンセプトの充電ステーション
  • メルセデスベンツ eシターロ 向けの新コンセプトの充電ステーション
  • メルセデスベンツ eシターロ 向けの新コンセプトの充電ステーション
  • 向かって左端の車両が、車載パンタグラフと、地上設備天井の給電レールとの組み合わせ。2台目が地上設備天井の給電パンタグラフと、車両ルーフのレールとの組み合わせ。
  • 車載パンタグラフと、地上設備天井の給電レールとの組み合わせ。
  • ケーブルによる充電

メルセデスベンツは8月5日、新世代のEV大型バス『eシターロ』(Mercedes-Benz eCitaro)向けに、新コンセプトの充電ステーションをドイツ・マンハイム工場内に開設した、と発表した。

eシターロは、標準ボディの2軸の都市向け大型バス、『シターロ』をベースに開発された。シターロは都市向けバスのベストセラーモデルで、世界累計販売台数は5万台以上を達成している。

eシターロでは、バッテリーパックをモジュール方式で設計した。これにより、航続に合わせてバッテリー容量を選択できるのが特長だ。さらに、最新の熱管理システムの導入により、エネルギー消費を大幅に削減させている。

eシターロは、リアアクスルに電動ホイールハブモーターを2個搭載し、最大出力340hp、最大トルク98.9kgmを引き出す。バッテリーは最大12個のモジュールで構成されるリチウムイオンで、蓄電容量は最大で292kWh。最大およそ75名の乗客を輸送できる。1回の充電での航続は、170kmの性能を備えている。

メルセデスベンツは、このeシターロ向けに、新コンセプトの充電ステーションをドイツ・マンハイム工場内に開設した。納車前の充電や走行テストでの充電を行うための施設だ。

この充電ステーションの新コンセプトは、一般的なケーブルだけでなく、車載パンタグラフや充電用ルーフレール(地上設備の天井からパンタグラフが降りてくる)での充電にも対応している点だ。充電用の新しいハードウェアなど、新しい充電技術を試してテストできる。メルセデスベンツは、パンタグラフとレールからの充電は、出力300kWの急速充電が行える、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 1台がバス、トラック、ゴミ収集車に変身---自動運転EVコンセプトをスカニアが発表[動画] 画像 1台がバス、トラック、ゴミ収集車に変身---自動運転EVコンセプトをスカニアが発表[動画]
  • 6万台のトラックがつながる…UDトラックスのスマートロジスティクス 画像 6万台のトラックがつながる…UDトラックスのスマートロジスティクス
  • ZMP、自動運転小型EVバスを活用したサービス開発を提供 画像 ZMP、自動運転小型EVバスを活用したサービス開発を提供
  • ボルボ、フルサイズの自動運転EVバスを発表…全長12mで定員85名 画像 ボルボ、フルサイズの自動運転EVバスを発表…全長12mで定員85名

特集