斎藤工とROLANDのクルマ&バイク表現がクール! 東京・青山でバイクの絵本展 7月25-27日

YAMAHA「はしれ!絵本」展
  • YAMAHA「はしれ!絵本」展
  • YAMAHA「はしれ!絵本」展
  • YAMAHA「はしれ!絵本」展
  • YAMAHA「はしれ!絵本」展
  • YAMAHA「はしれ!絵本」展
  • YAMAHA「はしれ!絵本」展
  • YAMAHA「はしれ!絵本」展
  • YAMAHA「はしれ!絵本」展

「どんなカーブも強気でせめていく、きみ。『自分より走れない人とは結婚しない』って、言ってたね」 バイク乗りたちの気持ちを絵本にして届ける展覧会が、東京・青山のスパイラルガーデンで始まった。YAMAHA「はしれ!絵本」展。7月27日まで、たった3日間だけの絵本展だ。

この YAMAHA「はしれ!絵本」展は、Instagram で話題の新米パパ、つむぱぱをはじめ総勢40名のイラストレーターが描いた絵本をずらり展示。彼らはみんなバイクユーザーで、それぞれのバイクエピソードをもとに制作された、40のオリジナル絵本だ。たとえば、お父さんライダーの冒険談や、ぽわっと心温まる親子の物語、甘酸っぱい青春の思い出、ちょっと笑えるメッセージなどなど。

また会場には、親子で絵本の読み聞かせを楽しめるスペースや、ヤマハのLMW『NIKEN』(ナイケン)に乗って絵本から飛び出したような写真を撮影できるフォトブースなどを設置。夏休みにファミリーでバイク愛に触れられる展開に。

初日には斎藤工とROLANDが登場、それぞれにあるバイク愛

YAMAHA「はしれ!絵本」展の初日 7月25日には、自虐的に「夜の顔なのに」と苦笑するROLAND(ローランド)と斎藤工が登場。「午前中のイベントとは思えない並びですよね」と笑う斎藤とローランドが、なんと子どもたちに絵本を読み聞かせるという技を披露。

「純粋に子どもってほんとうに素直で忖度がないじゃないですか。今回のイベントを通して、小さい子もいけるなって、手応えを感じましたね。ファン層の幅の広さ、未来を感じましたね」(ローランド)

「クルマやバイクに乗っているときって、自分を客観的にみる時間になりますよね。創造の時間だって思いますね。好きな時間ですね」(斎藤)。

ローランドは、展示してあるナイケンに実際に乗ってみて、こんな例え方で表現し、会場を笑わせていた。

「格好はヤンキーなんだけど、実際に出会って触れてみたらめちゃめちゃ優しかったみたいな。ヤンキーがめっちゃエリートだったみたいな。たとえばコーナーを曲がるときも、加速感もあるし安定感がある。ヤンキーが優しかったときのうれしさみたいなのを感じましたね。とてもいいバイクだと思います」

また7月25日からは、バイク愛あふれるライダーと家族の物語を描いたプロジェクトムービー「そのバイク愛をカタチに「はしれ!絵本」プロジェクト」も公開。こちらの動画にも、バイク愛があふれたシーンがいろいろ描かれている。

《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集