ナビタイム、トヨタのマルチモーダルモビリティサービスにトータルナビの経路探索エンジンなど提供

様々な移動手段に対応したマルチモーダル経路探索エンジン
  • 様々な移動手段に対応したマルチモーダル経路探索エンジン

ナビタイムジャパンは7月18日、トヨタ自動車が提供中のマルチモーダルモビリティサービス「my route」にて、マルチモーダルルートをトヨタ自動車と共同開発すると発表した。

my routeは、公共交通、自動車、自転車、徒歩など、様々な移動手段を組み合わせてルートを検索し、必要に応じて予約・決済までを行うことで、移動をサポートするサービス。2018年11月1日より福岡市で実証実験を行っている。

ナビタイムジャパンは、my routeに、総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」の「トータルナビ」で培ったマルチモーダル経路探索エンジンをAPI形式で提供し、徒歩、鉄道、バス、飛行機、車(タクシー、レンタカー、自家用車)、自転車(シェアサイクル、自家用自転車)などの様々な移動手段を組み合わせて、複数の移動ルートを提案する。

さらに今回の取り組みにより、乗換に適した車両情報や、目的地や乗換に一番近い駅出入口情報のように、複数交通手段を組み合わせた際にもスムーズな移動を促す、きめ細かな案内情報の表示などが可能になる予定。共同開発したルートのmy routeへの実装は7月30日を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集