シボレー コルベット 新型を米国で発表…ミッドシップにV8搭載、右ハンドル車を日本導入へ

フロントエンジンからミッドシップに変更

0~96km/h加速は3秒を切る

戦闘機にインスパイアされたデザイン

着座位置は従来よりも420mm前方に

シボレー・コルベット・スティングレイ 新型
  • シボレー・コルベット・スティングレイ 新型
  • シボレー・コルベット・スティングレイ 新型
  • シボレー・コルベット・スティングレイ 新型
  • シボレー・コルベット・スティングレイ 新型
  • シボレー・コルベット・スティングレイ 新型
  • シボレー・コルベット・スティングレイ 新型
  • シボレー・コルベット・スティングレイ 新型
  • シボレー・コルベット・スティングレイ 新型

GMのシボレーブランドは7月18日、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)を米国で発表した。コルベットでは初めて右ハンドル仕様が生産され、日本市場に導入される予定だ。

コルベットは、米国を代表するスポーツカーだ。現行コルベットは7世代目モデルで2013年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2013で発表された。このコルベットが6年半ぶりにモデルチェンジを行い、新型が7月18日に発表された。

新型コルベット スティングレイは8世代目モデルだ。シボレーは、8世代目となる新型コルベットに、スティングレイのサブネームを冠する。スティングレイの名称は1963年、2世代目のコルベットに最初に採用された。その後、1976年まで、スティングレイのサブネームが使用されていた。

フロントエンジンからミッドシップに変更

新型コルベット・スティングレイの最大の特長が、従来のフロントエンジンレイアウトから、ミッドエンジンレイアウトへの変更だ。ホンダ『NSX』やフェラーリ『F8トリブート』など、世界のスーパーカーと同じミッドシップ化が図られている。

新型コルベット・スティングレイのミッドシップには、直噴6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンが搭載される。ドライサンプオイル潤滑システムや気筒休止システムを採用した。パフォーマンスエグゾースト装着車の場合、最大出力は495hp/6450rpm、最大トルクは65kgm/5150rpmを引き出す。

0~96km/h加速は3秒を切る

トランスミッションはパドルシフト付きの8速デュアルクラッチ。乾燥重量は1530kgに抑えられた。「Z51パフォーマンスパッケージ」装着車では、0~96km/h加速は3秒を切る。シボレーによると、コルベットのエントリーモデルとしては、史上最速という。

ブレーキはフロントがブレンボ製だ。Z51パフォーマンスパッケージでは、前後ともにブレンボ製となり、大径ローターが装備される。タイヤはミシュラン「パイロットスポーツ」で、サイズはフロントが245/35ZR19、リアが305/30ZR20となる。

戦闘機にインスパイアされたデザイン

新型のボディサイズは、全長4630mm、全幅1934mm、全高1234mm、ホイールベース2722mmだ。キャノピーフォワードのデザインは、「F22」や「F35」などの戦闘機にインスパイアされている。

フロントには、プロジェクターを組み込んだ薄型LEDヘッドライトを採用する。ボディサイドには、エンジン冷却とエアロダイナミクス性能を高めるために、大型エアインテークが配される。LEDテールランプには、アニメーションターンシグナルが組み込まれた。ミッドシップのエンジンカバーには、7つの通気口が備わる。エグゾーストパイプは、4本出しとした。

ボディカラーは、トーチレッド、アークティックホワイト、ブラック、ブレードシルバーメタリック、シャドーグレー、セラミックマトリックスグレー、ロングビーチレッド、エルクハートレイクブルー、セブリングオレンジを設定する。新色として、ラピッドブルー、ゼウスブロンズ、アクセラレートイエローが用意され、合計で10色をラインナップした。

着座位置は従来よりも420mm前方に

インテリアはミッドエンジン化によって、ドライバーの着座位置が、従来よりもおよそ420mm前方に移動した。コクピットは、ドライバーを包み込むデザインとし、高性能と航空機のモチーフを表現するものとした。小径ステアリングホイールは、ドライバーの正面の12インチディスプレイの視認性に配慮したものだ。

コンソールとドアトリムは、アルミまたはカーボンファイバー仕上げとすることが可能。インテリアカラーは、ジェットブラック、スカイクールグレー、アドレナリンレッド、ナチュラル/ナチュラルディップ、ツートーンブルー、モレロレッドが用意される。シートベルトのカラーは、ブラック、ブルー、ナチュラル、トーチレッド、イエロー、オレンジの6色。ブラックインテリアの場合、スカイクールグレーのステッチが添えられる。

新型には、新開発のデジタルプラットフォームを搭載する。配線を最小限に抑えながら、車両システムと高解像度スクリーンとの間で、より速いデータ送信を可能にする。このプラットフォームは、強化されたサイバーセキュリティにより、車両のアップデートが無線通信で行える、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ NSX 、市販車とレーサーが対決…類似点と相違点は?[動画] 画像 ホンダ NSX 、市販車とレーサーが対決…類似点と相違点は?[動画]
  • 【フェラーリ F8トリブート】V8エンジンへのオマージュ…フェラーリ史上最強 画像 【フェラーリ F8トリブート】V8エンジンへのオマージュ…フェラーリ史上最強
  • ランボルギーニ ウラカン、オフローダーに変身…ワンオフ発表 画像 ランボルギーニ ウラカン、オフローダーに変身…ワンオフ発表

特集

おすすめのニュース