マツダが「MX-30」を商標登録...新型コンパクト2ドアクーペか?

マツダは欧州にて、『MX-30』をはじめ『CX-10』『CX-20』『CX-40』『CX-50』『CX-60』『CX-70』、そして『CX-80』など一挙に商標登録していることがわかった。

「MX」と言えば『MX-5』(NDロードスター)を始め『AZ-3』の姉妹車として1991年にデビューしたコンパクト・クーペ『MX-3』、『カペラC2』後継モデルとして1992年に発売されたミドルクラス・2ドアクーペ、『MX-6』などが思い浮かぶ。どちらも初代で販売終了となったが、記憶に残るモデルだ。

こうした歴史を振り返ると、「MX-30」は排気量1.5リットルから1.8リットルのコンパクト・2ドアクーペで、MXシリーズ最新モデルとして開発される可能性がある。また同ブランドのMazdaSpeedやMPSなどのブランドが近年採用されていない事情からも、新たなパフォーマンスブランド誕生の期待も膨らむ。

またマツダは現在ブランド力強化のため、『アテンザ』を『MAZDA 6』、『アクセラ』を『MAZDA 3』など、「ロードスター」を除き英数字を組み合わせた名称に統一する計画を進めており、今回商標登録が発覚した「MX」「CX」の2ケタシリーズが今後グローバル展開する新たなシリーズとなる可能性もあるだろう。

《Spyder7 編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース