お盆の高速渋滞予想…ピークは下りが10日、上りが15日

イメージ
  • イメージ
  • 10km以上の渋滞予測回数(下り)
  • 10km以上の渋滞予測回数(上り)

NEXCO 3社とJB本四高速、日本道路交通情報センターは、お盆期間(8月8~18日)の高速道路での交通集中による渋滞予測をとりまとめた。

今年は、下り線では8月10日・11日に、上り線では14日・15日に渋滞が多く発生すると予測。渋滞を避け、下り線は8月13日・14日、上り線は16日・17日の利用を検討するよう呼びかけている。

10km以上の渋滞はお盆期間中、下り線で231回(昨年実績比7回増)、上り線で289回(同15回増)、合計520回(同22回増)発生すると予測。ピークは下り線が10日で44回、上り線が15日で36回発生するとみている。また30km以上の渋滞は、下り線で12回(同13回減)、上り線で12回(同3回増)、合計33回(同10回減)発生すると予測している。

また、NEXCO東日本では、NTTドコモのAI技術を活用した東京湾アクアラインの「AI渋滞予知」による高精度な渋滞予測を毎日提供。NEXCO中日本では、東京-大阪間の渋滞予測を確認でき、渋滞のない穴場の時間を探せる「渋滞スイスイNAVI」を提供。これら最新技術を取り入れた渋滞予測ツールも活用するよう呼びかけている。

●特に長い渋滞発生予測
・中央自動車道(下り)8月10日(土)5時頃 相模湖IC付近(40km)
・東名高速道路(下り)8月10日(土)6時頃 秦野中井IC付近(40km)
・名神自動車道(上り)8月10日(土)9時頃 草津JCT付近(40km)
・九州自動車道(下り)8月10日(土)10時頃 筑紫野IC付近(30km)
・関越自動車道(下り)8月11日(日)8時頃 東松山IC付近(40km)
・東北自動車道(上り)8月14日(水)17時頃 上河内SA付近(45km)
・東名高速道路(上り)8月17日(土)17時頃 大和TN付近(35km)

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集