マツダ製じゃない、トヨタ ヤリス 新型を初スクープ!5穴ホイールは“走り”の証?

トヨタ ヤリス(ヴィッツ)新型スクープ写真
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)新型スクープ写真
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)新型スクープ写真
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)新型スクープ写真
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)新型スクープ写真
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)新型スクープ写真
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)新型スクープ写真
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)新型スクープ写真
  • トヨタ ヤリス(ヴィッツ)新型スクープ写真

トヨタのコンパクトハッチバック『ヤリス』(日本仕様の現行名はヴィッツ)の新型プロトタイプが、ニュルブルクリンクに出現した。

トヨタは4月のニューヨークモーターショー2019にて、北米向けヤリスを公開したが、欧州及び日本仕様は異なるデザインが予想されており、これが初のスパイショットだ。

北米仕様のヤリスは、マツダ『デミオ』のOEMとして開発、マツダ製1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載している。しかし、日本仕様はOEMとはならず、トヨタが独自で開発している可能性が高いようだ。

かなり厳重にカモフラージュされた開発車両だが、シルエットは明らかにデミオベースの北米仕様とは違う。現行車と比べると、サイドを見るとミラーの位置が修正され、サイドスカートを装備。前後フェンダーは厚みを持っており、かなりアグレッシブなデザインも予想される。

さらに注目はホイールだ。現行型の高性能モデル「GRMN」でさえ4穴なのに5穴ホイールが採用されていることからも、ハブ剛性を高める必要性があるのだろう。その走りに期待が高まる。

リアエンドでは、テールライトが完全に隠されておりデザインは不明だが、リアウィンドウ真下に厚みのある偽装が見られる。これは左右がつながるLEDストリップライトとなる可能性もある。

パワートレインは、新開発の1.3リットル直列3気筒ガソリンエンジン、及び1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジンをラインアップするほか、1.5リットル直列3気筒+電気モーターのハイブリッドが設定される。今回捉えたプロトタイプは、リアウィンドウにハイブリッドを示す黄色いステッカーが貼られていた。

日本仕様にもグローバル名である「ヤリス」が採用される可能性がある新型。そのワールドプレミアは、やはり10月の東京モーターショーに期待したい。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ ヤリス 新型、ベース車がマツダ デミオに…ニューヨークモーターショー2019[詳細画像] 画像 トヨタ ヤリス 新型、ベース車がマツダ デミオに…ニューヨークモーターショー2019[詳細画像]
  • トヨタ ヤリス に「GRスープラ」のカモフラージュ!? 謎のプロトタイプの正体は 画像 トヨタ ヤリス に「GRスープラ」のカモフラージュ!? 謎のプロトタイプの正体は
  • プリウスにスピンドルグリルは意外と似合う? エイムゲインの最新カスタム 画像 プリウスにスピンドルグリルは意外と似合う? エイムゲインの最新カスタム
  • 「ランエボ」復活なるか? ルノーメガーヌRS と兄弟車となる可能性 画像 「ランエボ」復活なるか? ルノーメガーヌRS と兄弟車となる可能性

特集