【パイクスピーク】ゴールは標高4300m、雲をめざした78台[フォトレポート]

シュート(パイクスピーク2019)
  • シュート(パイクスピーク2019)
  • シュート(パイクスピーク2019)
  • シュート(パイクスピーク2019)
  • シュート(パイクスピーク2019)
  • アスティア(パイクスピーク2019)
  • アスティア(パイクスピーク2019)
  • カニンガム(パイクスピーク2019)
  • カニンガム(パイクスピーク2019)

雲をめざすレースと呼ばれる、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの決勝レースが現地時間6月30日に開催され、アンリミテッド・クラス(4輪)「ウォルフTSCホンダ」に乗るロビン・シュート選手が9分12秒476で総合優勝した。

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは、毎年6月の最終日曜日に米コロラド州のパイクスピーク(山)で開催される、伝統のヒルクライム・レース。1916年に第1回が開催され、2019年は97回目の開催。コース全長は20.0km、コーナーの数156、ゴールの標高は4302mで富士山より高い。2019年は78台がエントリーし、48台が完走した。

総合2位はタイムアタック1クラス(4輪)でポルシェ「911GT3カップ・ターボ」に乗るラファエル・アスティア選手で、タイムは9分23秒721。総合3位はパイクスピークオープン・クラス(4輪)にアキュラ「TLX GT」で参戦したピーター・カニンガム選手で、タイムは9分24秒433となっている。

2輪で最上位は総合7位、パイクスピーク・ヘビーウェイト1クラスでアプリリア「トゥオノV4 1100」にまたがるレニー・スケイスブロック選手で、記録は9分44秒963。日本人ドライバー/ライダーで最高位はパイクスピーク・ヘビーウェイト・クラス(2輪)にカワサキ「Z900RS」で参戦した井上哲悟選手。タイムは10分36秒884で、総合19位、クラス3位だった。

今回の決勝レースでは有力コンテンダーの死亡事故が発生している。エキシビション・パワースポーツ・クラス(2輪)に、ドゥカティ「ストリートファイターV4プロトタイプ」で参加していたカーリン・ダン選手が、フィニッシュライン手前でコースから転落、死亡した。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集