マツダ CX-5 など9000台をリコール ECU不具合でエンジン停止のおそれ

マツダ CX-5(2018年)
  • マツダ CX-5(2018年)
  • 改善措置

マツダは6月27日、『CX-5』および『アテンザ』のエンジン制御コンピュータ(ECU)に不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2018年2月1日~2019年5月23日に製造された9000台。

ECUの気筒休止制御プログラムが不適切なため、気筒休止から復帰する際、バルブクリアランス調整機構が誤作動することがある。そのため、ロッカアームが脱落して周辺部品と干渉し、エンジン失火による出力不足が発生して、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。

改善措置として、全車両、ECUの気筒休止制御プログラムを対策プログラムに修正する。

不具合および事故は発生していない。海外市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集