ガーミン、あおり運転にも対応する前後2カメラをセットにしたドライブレコーダーを発売

前後2カメラをセットにしたドライブレコーダー「ダッシュカム46Z」
  • 前後2カメラをセットにしたドライブレコーダー「ダッシュカム46Z」

ガーミンジャパンは6月6日、ドライブレコーダー「ダッシュカム46Z」(フロント/リアカメラのセット)と「ダッシュミニ」(リアカメラ)を6月20日に発売すると発表した。6月13日から予約を受け付ける。

ダッシュカム46Zは、ブルートゥースで連携可能で、前後方を同時に記録できる2カメラ型のドライブレコーダー。ダッシュカム46、ダッシュカムミニともにコンパクトサイズで、ドライブレコーダーとして最高水準の高画質を実現する。

WDRによる画像補正と、独自の画像技術「ナイトチューニング」により、夜間でも鮮明な映像記録が可能。ナイトチューニングにより、夜間走行時の道路状況や、後方車のナンバープレートを撮影しやすくなっている。

スマートフォン専用アプリ「ガーミンドライブ」に対応する。撮影した画像は、内蔵Wi-Fiによってスマートフォンですぐに確認、編集、映像出力が可能。アクシデントの際、警察や保険会社など関係者への状況説明がしやすくなる。

リアカメラのダッシュカムミニは映像撮影を主眼に置いたスーパーコンタクトサイズでリアガラスへ取り付けた際もドライバーの視界を遮らない。また、プライバシーガラス越しの撮影にも対応し、静止画解像度は200万画素で画像補正も可能。

価格はダッシュカム46Zが2万4800円、ダッシュカムミニが1万2800円。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集