トヨタ ハイラックス、一部改良 プリクラッシュセーフティなどの安全装備充実

トヨタ ハイラックス Z(ネビュラブルーメタリック)
  • トヨタ ハイラックス Z(ネビュラブルーメタリック)
  • プリクラッシュセーフティ作動イメージ
  • レーンディパーチャーアラート作動イメージ
  • トヨタ ハイラックス Z(内装色:ブラック)
  • トヨタ ハイラックス Z(内装色:ブラック)
  • トヨタ ハイラックス X(スーパーホワイトII)
  • トヨタ ハイラックス Z(アティチュードブラックマイカ)

トヨタ自動車は、ピックアップトラック『ハイラックス』を一部改良し、6月24日より販売を開始する。

ハイラックスは1968年の発売開始以来、約180の国および地域で販売。累計世界販売台数は約1730万台に上る。日本国内では、1ナンバークラスで毎年車検が必要となるなど、実用面で不利な点もあり、2004年に国内販売を終了。しかし、ユーザーからの要望に応える形で、2017年に13年ぶりの復活を遂げた。

今回の一部改良では、安全装備を充実。プリクラッシュセーフティの検知機能を向上させ、新たに夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応したほか、レーンディパーチャーアラートには、警報だけでなく逸脱抑制も行うヨーアシスト機能を搭載した。さらに、適切な車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)、道路標識をディスプレイに表示し、見逃し防止をサポートするロードサインアシスト、前方のクルマの発進をお知らせする先行車発進告知機能を採用した。

また、悪路の走破性の向上に向けてリヤデフロックの設定を拡大し、全車標準とした。

価格は上級グレードの「Z」が375万6240円、ベーシックグレードの「X」が332万1000円。誕生50周年記念で発売した特別仕様車「ブラックラリーエディション」が396万1440円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース