三菱のクルマとアウトドアの魅力を満喫! 注目の新型車試乗も…スターキャンプ2019 in朝霧

三菱 スターキャンプ2019 in朝霧
  • 三菱 スターキャンプ2019 in朝霧
  • 三菱 スターキャンプ2019 in朝霧
  • 三菱 スターキャンプ2019 in朝霧
  • 三菱 スターキャンプ2019 in朝霧
  • 三菱 スターキャンプ2019 in朝霧
  • 三菱 スターキャンプ2019 in朝霧
  • 三菱 スターキャンプ2019 in朝霧
  • 三菱 スターキャンプ2019 in朝霧

「スターキャンプ」というイベントをご存知だろうか。1泊2日でオートキャンプを楽しむ催しなのだが、一般的なキャンプイベントと大きく異なるのは自動車メーカーが音頭を取っていることだ。

主催は三菱自動車。『パジェロ』や『デリカD:5』、そして『アウトランダー』などアクティブでアウトドアとの親和性の高い車種をラインナップする三菱自動車が、クルマを使った遊びをサポートし、その幅を広げてカーライフを楽しんでもらおうと開催しているのである。

1991年に初開催されたスターキャンプは途中に開催されない年もあったものの、今年で19シーズン目。あまりの人気に今では1シーズンに3つの会場でおこなわれるイベントに成長している。そんな2019年シーズンの最初となる「スターキャンプ2019 in朝霧」に出かけてきた。

三菱車以外も参加OK、子どもが楽しめるプログラムも

午前中から、会場となる「ふもとっぱらキャンプ場」には続々とキャンパーが集結。参加総数は約250組900名というから、かなり大掛かりなイベントだ。

三菱自動車が主催するイベントにもかかわらず、三菱車以外でも参加が可能というのもおもしろい。この朝霧高原に集まった車両の内訳は、約6割が三菱車で、そのうちもっとも台数が多かったのはデリカD:5。7割を占めるという。その比率はトータル参加車両の約4割に相当するのだから、それは言い換えればキャンプを楽しむ人たちの間でのデリカD:5人気の高さを物語っているといえる。そして会場には納車が始まってからまだ3ヵ月半しかたっていない新型デリカD:5が多く混じっていたのには正直に驚いた。新型も、デリカファンにはしっかりと受け入れられているということなのだろう。

用意されたプログラムが盛りだくさんなのも、スターキャンプのポイントだ。豊富なプログラムは「子供向け(子供と一緒に楽しめる)」「特別なキャンプを楽しめる」そして「クルマを楽しめる」の3つのタイプがあった。

「子供向け」としては、「モノつくりワークショップ」をはじめ、「星空べんきょう会&かんさつ会」「スポーツクライミング体験」「初心者トレッキングツアー」「トランポリン」「スラックライン」「丸太切り」そして「スタンプラリー」など大人と子供が一緒に楽しめる催しを用意。現地で子供をどう楽しませるかは子連れキャンパーが最初に心配しがちなことのひとつだが、そこをフォローしようというホスピタリティを感じることができた。

一方「特別なキャンプの演出」としては三菱のアンバサダーを務めるアルピニスト野口健さんのトークショーや、キャンプファイヤーを囲みながらのシンガー藤巻亮太さんのスペシャルライブも開催。普段のキャンプとはひと味違う、特別な夜となった。

また「クルマを楽しめる催し」としては、大型トラックの上に作られた45度の急こう配をプロドライバーが運転するデリカD:5で駆け上がる「4WD登坂キット同乗体験会」やオフロードコースを使った「SUVオフロード試乗会」、『eKクロス』に同車のCMタレントである竹内涼真さんなどをラッピングしたキャラバンカーの展示・試乗体験などもおこなわれ、最新の三菱車に触れることができた。

PHEVのメリットを活かして、より便利なキャンプを

ところで記者は今回、三菱「アウトランダーPHEV」でスターキャンプに参加した。そこで便利だったのが、プラグインハイブリッドカーならではの大容量バッテリーを活かした電力供給だ。

昨今はAC100V電源のアウトレットを備えて家庭用電化製品が使えるクルマも少なくないが、それらの供給可能電力は一般的に100W。ところがアウトランダーPHEVは1500Wという大容量を供給できるから、一般的な車載電源では利用できない電気ケトルやコーヒーメーカー、そして炊飯器やホットプレート、ヘアドライヤーなども使うことができるのだ。しかも、バッテリーにあらかじめ電気を貯めておけばエンジンをかけることなく、である。

キャンプ場ではホットドリンク用のお湯を沸かすのにも火を使って…という気持ちもわからなくもないが、コーヒーなど温かいドリンクを飲むのにサッとお湯が沸かせると実に便利。また濡れた髪の毛をドライヤーで乾かせるのも、快適キャンプにつながるのではないだろうか。たとえそこまでフル活用しなくても、クルマのエンジンを掛けることなくスマホやタブレットの充電をおこなえることも便利だと思えた。

「クルマと一緒にアウトドアを楽しむお手伝いができれば」と三菱自動車の広報担当者が説明する「スターキャンプ」は、今シーズンもあと2回開催される。7月27日から28日にかけての滋賀県マキノ高原キャンプ場(募集は6月10日まで)と、9月7日から8日にかけての宮城県吹上高原キャンプ場(6月24日から募集開始)だ。三菱車ユーザー以外も参加可能で、参加費は会場使用料も含めて1組当たり5000円とリーズナブルに設定されているのも魅力だ。三菱車オーナーはもちろん、そうでなくても参加したいイベントである。なかでも、キャンプ初心者や子連れには特にオススメだ。

スターキャンプ特設サイトはこちら

《工藤貴宏》

特集