コンチネンタルが次世代EVを開発、低温時の航続延長へ

コンチネンタルの次世代EVの研究開発車両のイメージ
  • コンチネンタルの次世代EVの研究開発車両のイメージ

コンチネンタル(Continental)は5月21日、フランス・リヨンで開催される「EVシンポジウム(EVS32)」において、次世代EVの研究開発車両を初公開すると発表した。

EVは気温が氷点下になると、気温20度の時よりも航続が短くなる。この温度によるバッテリーの性能の低下を、最小限に抑えることが重要だ。コンチネンタルの次世代EVの研究開発車両は、この課題に対する解決策を提示している。

次世代EVの研究開発車両には、新開発されたマルチポートクーラントフローコントロールバルブ(CFCV)、クーラントポンプ、「Electro-Thermal Recuperator」(ETR)、スマートヒーターを採用する。バッテリーからのエネルギー使用量を減らして、航続を伸ばすのが狙いだ。

コンチネンタルのシステムでは、バッテリーなどの主要コンポーネントの温度レベルに応じて、熱の流れを柔軟に変更することができる。例えば、スマートヒーターは寒冷時でも、室内やバッテリーを温めることを可能にする。

コンチネンタルは、熱をインテリジェントに管理することが、EVの航続拡大にどのように役立つかを実証する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集