プジョー 3008 / 5008に、Euro 6.2対応の新ガソリンエンジンと8速ATを搭載

プジョー 5008アリュール(左)と3008 GTライン(右)
  • プジョー 5008アリュール(左)と3008 GTライン(右)
  • 1.6リットル直列4気筒ターボ  PureTech ガソリンエンジン
  • 8速AT(EAT8)

プジョー・シトロエン・ジャポンは、5月21日よりプジョー『3008』および『5008』に、改良型の1.6リットルガソリンエンジンと8速ATを搭載し、「3008アリュール」「3008 GTライン」「5008アリュール」として設定した。

これにより3008と5008は、クリーンディーゼルモデルも含めて全車8速ATになった。

3008は、新世代SUVとして2017年3月にデビューして以来、日本国内でプジョーの販売を牽引する存在。また、3列シート・7人乗りのSUVである5008は、ミニバンに変わる新たな選択肢として人気のモデル。両SUVは現在、日本市場においてプジョーの最量販車種であり、販売比率では2018年実績で3008が25%、5008が19%を占めている。

今回、3008と5008に搭載されるエンジンは、従来の1.6リットル直列4気筒ターボ PureTechガソリンエンジンを改良し、欧州新排ガス規制Euro6.2に対応させたもの。ガソリン微粒子フィルタの採用による排出ガスのクリーン化、フリクションの低減、電子制御ウエストゲートバルブの採用で、さらなる高効率化とハイレスポンス、スムースな吹け上がりを実現した。最高出力は180ps、最大トルクは250Nmを発揮する(従来のガソリンエンジンは165ps、240Nm)。

また、従来の6速ATに代わる電子制御8速AT「EAT8」は、アイシン・エィ・ダブリュと共同開発されたもので、3つのドライブモードを選択可能。エコモード時は、エアコンの最適化のほか、新しく搭載されたフリーホイール機能により、走行条件が合えばアクセルオフ時にクラッチを切り、燃費改善を果たす。

合わせて、クリーンディーゼルモデルの3008 GT BlueHDi および 5008 GT BlueHDiで約70%という高い装着率を得ている「ファーストクラスパッケージ」(30万円)を、今回から3008 GTラインと5008アリュールにも設定した。同パッケージの内容は、運転席メモリー付き電動シート&マルチポイントランバーサポート、前席シートヒーター、パノラミックサンルーフ、360度ビジョン。

価格は、3008アリュールが367万円、3008アリュール LEDパッケージが385万円、3008 GTラインが409万円、5008アリュールが414万円。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集