ヤマハ発動機、小型電動立ち乗りモビリティ「TRITOWN」の実証実験をつま恋で実施へ

ヤマハ TRITOWN(トリタウン)
  • ヤマハ TRITOWN(トリタウン)
  • ヤマハ TRITOWN(トリタウン)
  • ヤマハ TRITOWN(トリタウン)

ヤマハ発動機は、4月27日から5月31日まで、つま恋リゾート彩の郷(静岡県掛川市)にて、フロント2輪式3輪車の小型電動立ち乗りモビリティ『TRITOWN』(トリタウン)の実証実験を実施すると発表した。

トリタウンは、ヤマハ独自のLMW機構を備えたフロント2輪式3輪車の小型電動立ち乗りモビリティ。ライダー自身のバランスコントロールによって姿勢制御を行うシンプルな機構で、ラストワンマイルの移動をワクワク楽しい時間にする。重量約40kg、寸法は1140×620×1140mm。出力500Wのインホイールモーターを搭載し、約2時間の充電で約30km走行可能。最高速度は25km/h。東京モーターショー2017やCES 2019に参考出品し、話題になった。

今回の実証実験では、16歳から70歳まで(免許制限なし・安全講習の受講要)と、幅広い層に有償での乗車体験の機会を提供。ユーザーからの意見をもとにした商品性を検証する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集