インクリメントP、ナビ用AI音声認識エンジンに地図情報を提供

インクリメントP
  • インクリメントP

インクリメントPは、アドバンスト・メディアが4月18日にリリースした、ナビ用AI音声認識エンジン「Amivoice」に地図情報データの提供を開始した。

今回採用されたデータは、インクリメントPが整備・保有する、最新のスポットデータ、駅出口、交差点、高速施設、建物ビル名称、駐車場、一般施設など、ナビゲーション向け音声認識エンジンの作成に必要なデータベース。従来、ナビゲ―ションシステムに音声入力機能を付加するためには、その都度専用の音声認識エンジンの開発が必要だった。今回、アドバンスト・メディアが開発した音声認識エンジンは、インクリメントPの地図情報データを学習させているため、簡単にシステム構築が可能で、低コストかつスピーディーに導入・開発できる。

インクリメントPの地図情報データをもとに音声認識エンジンを構築したことにより、駅やビルをはじめとした施設名称および住所の認識率が向上。行先や住所などの音声入力を必要とする、カーナビ、動態管理システム、案内ロボット、問合せフォームの住所入力の簡素化など、幅広い業務シーンでの利用が期待されている。

インクリメントPでは、今後も最新かつ網羅性の高い地図情報を、音声認識技術への連携・活用できるデータベースに発展させ、ナビゲーションサービスや各種案内サービス、業務効率化に貢献するソリューションや顧客サービスの提供に力を入れていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集