メルセデスベンツ Cクラスなど、シートベルトテンショナが作動しないおそれ リコール

改善箇所
  • 改善箇所

メルセデス・ベンツ日本は3月27日、『Cクラス』など12車種のシートベルトバックルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「C180クーペ」、「C180カブリオレ」、「メルセデスAMG C43 4MATICクーペ」、「メルセデスAMG C43 4MATICカブリオレ」、「E200クーペ」、「E200カブリオレ」、「E300クーペ」、「E450 4MATICクーペ」、「E450 4MATICカブリオレ」、「メルセデスAMG E53 4MATIC+クーペ」、「メルセデスAMG E53 4MATIC+カブリオレ」、「S450」の12車種で、2018年8月6日~10月25日に輸入された558台。

シートベルトバックルにて、シートベルトの差し込みを検知する内部スイッチの曲げ加工が不適切なため、装着を正しく認識しないものがある。そのため、衝突時にシートベルトテンショナが作動せず、乗員を適切に拘束できないおそれがある。

改善措置として、全車両、対象となるシートベルトバックルを良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本社からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集