【東京モーターショー2019】テーマは「OPEN FUTURE」、未来の可能性が広がる場をめざす

東京モーターショー2019 テーマロゴ
  • 東京モーターショー2019 テーマロゴ
  • 東京モーターショー2017 (c) Getty I,ages
  • 東京モーターショー2017 (c) Getty I,ages
  • 東京モーターショー2017 (c) Getty I,ages
  • 東京モーターショー2017 (c) Getty I,ages

日本自動車工業会は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトで開催する「第46回東京モーターショー2019」のショーテーマとテーマロゴを決定した。

東京モーターショー2019のショーテーマは「OPEN FUTURE」に決定。モビリティの領域にとどまらず、生活者にとって本当に価値があり、ワクワクする「くらしの未来」にまでショーの領域を拡張し、「未来のモビリティ社会への夢」を感じられるショーとして開催。様々なコンテンツを通して、東京モーターショーが未来の可能性が広がる場になることをビジョンとして掲げた。

またロゴについては、「OPEN」「FUTURE」そして「MOTOR」を、それぞれのエレメントで表現。カラフルさとキャッチ―さを重視し、様々な生活者に好まれるデザインとした。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集