JR西日本の新たな長距離列車は『WEST EXPRESS 銀河』…フリースペースには懐かしい夜行列車の愛称

西日本の美しい海や空を表現したという瑠璃紺色をベースにしたエクステリアイメージ。前面にはヘッドマークも付く。
  • 西日本の美しい海や空を表現したという瑠璃紺色をベースにしたエクステリアイメージ。前面にはヘッドマークも付く。
  • 1~3号車のエクステリアイメージ。側面のラインは「『遠くへ行きたい』という憧れを叶える列車であることを表現」したという。
  • 4~6号車のエクステリアイメージ。
  • 6両編成全体の車内仕様。
  • 「ファーストシート」という設備愛称名となる1号車のグリーン車指定席。
  • 「クシェット」という設備愛称名となる2・5号車の普通車指定席。2号車は女性専用席。
  • 「ファミリーキャビン」という設備愛称名となる3号車のコンパートメント式普通車指定席。
  • 「プレミアルーム」という設備愛称名となる6号車のグリーン個室。

JR西日本は3月19日、2020年春の運行開始に向けて準備を進めている「新たな長距離列車」の列車名を『WEST EXPRESS 銀河』に決定したと発表した。

『WEST EXPRESS 銀河』は117系近郊型電車1編成が使用され、「多様性」「カジュアル」「くつろぎ」をキーワードに、鉄道旅行の楽しさを味わえる車両に改造。今回、列車名とともに、紺色をベースとしたエクステリアイメージも発表され、前面は117系電車の面影を残したものとなる。

列車は6両編成で、1号車はボックスシートタイプのグリーン車、2・5号車は横になってくつろげるフルフラットシートがある普通車「ノビノビ座席」(2号車は女性専用車)、3号車はコンパートメントタイプの普通車、4号車はフリースペース、6号車はグリーン個室となり、3・6号車の一部と4号車全車はフリースペースとなる。

それぞれの車両には設備愛称名が付けられ、フリースペースには「明星」「彗星」など、かつて夜行の特急・急行に使用された懐かしい愛称名が付けられる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集