トヨタ カローラセダン 新型、量産第一号車がラインオフ…米国工場

トヨタ・カローラ・セダン新型(米国仕様)
  • トヨタ・カローラ・セダン新型(米国仕様)
  • トヨタ・カローラ・セダン新型(米国仕様)
  • トヨタ・カローラ・セダン新型(米国仕様)
  • トヨタ・カローラ・セダン新型(米国仕様)
  • トヨタ・カローラ・セダン新型(米国仕様)
  • トヨタ・カローラ・セダン新型(米国仕様)
  • トヨタ・カローラ・セダン新型(米国仕様)

トヨタ自動車の北米部門は3月18日、新型『カローラセダン』(Toyota Corolla Sedan)の量産第一号車が、米国ミシシッピ工場からラインオフした、と発表した。

トヨタは、米国ミシシッピ工場に1億7000万ドル(約190億円)を投資し、同工場を刷新してきた。この投資は、「TNGA」をベースとした新型カローラセダンの生産に備えるのが目的だ。

TNGAとは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャの略。トヨタが全社を挙げてグローバルに取り組む車づくりの構造改革で、パワートレーンユニットやプラットフォームなどを一新し、全体の適性を考え新開発することにより、車の基本性能や商品力を飛躍的に向上させることを目指す。

米国ミシシッピ工場では、この投資を生かして、より先進的な車両をより効率的に生産するとともに、市場のニーズにより適切に対応するために、生産ラインを刷新している。

また、同工場では、TNGA導入に加え、新型カローラセダンの生産能力の増強に対応するために、およそ400名の新規雇用を創出していく。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集