ハーレーダビッドソン、大阪および東京モーターサイクルショー2019に出展

2019年 東京および大阪モーターサイクルショーのハーレーダビッドソンブース(イメージ)
  • 2019年 東京および大阪モーターサイクルショーのハーレーダビッドソンブース(イメージ)
  • ハーレーダビットソン(東京モーターサイクルショー2018)
  • ハーレーダビットソン(東京モーターサイクルショー2018)

ハーレーダビッドソン ジャパンは、3月15日から17日にインテックス大阪で開催される第35回大阪モーターサイクルショーと、22日から24日に東京ビッグサイトで開催される第46回東京モーターサイクルショーに出展する。

両会場のハーレーダビッドソンブースでは、展示する最新2019年モデルのモーターサイクル全18車種(大阪)、15車種(東京)に自由にまたがれるほか、特設フォトブースではハーレーオーナー気分が味わえる「スペシャル写真撮影体験」も行う。また、ブースでアンケートに答えた来場者には、会場限定オリジナルバッグをプレゼントする。

また、東京モーターサイクルショーでは、ハーレーダビッドソンの日本No.1カスタムビルダーを決めるコンテスト 「Battle Of The Kings 2019」の入賞車両も初お披露目(展示のみ)する予定。さらに、東京会場近隣のヒルトン東京お台場では、東京モーターサイクルショー期間中も、肉を食べ尽くすハーレーダビッドソン コラボレーションメニューを引き続き提供する(ハーレーオーナーは施設利用で二輪駐車料が無料)。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集