スマートのEVスピードスター『フォーイーズ』、脱着式ハードトップ追加へ…ジュネーブモーターショー2019

スマート・フォーイーズ+
  • スマート・フォーイーズ+
  • スマート・フォーイーズ+
  • スマート・フォーイーズ+
  • スマート・フォーイーズ+
  • スマート・フォーイーズ+
  • スマート・フォーイーズ+
  • スマート・フォーイーズ+
  • スマート・フォーイーズ+

スマートは、3月5日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー2019において、EVコンセプトカーのスマート『フォーイーズ+』(Smart Forease+)を初公開すると発表した。

スマートは2018年秋、フランスで開幕されたパリモーターショー2018において、スマート『フォーイーズ』をワールドプレミアした。スマートの全車電動化へのビジョンを明確に示したコンセプトカーで、ベース車両は、スマートの市販EV、『EQフォーツー カブリオ』。ルーフやサイド&リアウインドウを完全になくし、フロントウインドスクリーンを低くしたスピードスターとして、爽快なオープンエアが楽しめるEVを提案していた。

その進化版として、ジュネーブモーターショー2019で初公開されるのが、スマート フォーイーズ+だ。ルーフのないスピードスターボディだったフォーイーズに対して、新設計の脱着式ハードトップが追加装備される。サイド&リアウインドウは引き続き装備されない。このハードトップの色は、琥珀色。ホイールやバンパーなどには、琥珀色のアクセントが添えられる。

インテリアでは、ダッシュボードを琥珀色のナッパレザーで仕上げ、ステアリングホイールなどに琥珀色のアクセントを採用した。インストルメントパネルの中央上部のエアベントの代わりに、2つの円形ディスプレイを装着。このディスプレイには、専用アプリの「ready to」のコンテンツを表示するために使用できる。ドライバーは、友人とスマートを共有したり、その機能をモニターしたりすることが可能だ。シートは、ブラックのナッパレザー仕様としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集