アバルト 595 に伝統のチューニング仕様「エッセエッセ」…ジュネーブモーターショー2019で発表予定

アバルト 595 エッセエッセ
  • アバルト 595 エッセエッセ
  • アバルト 595 エッセエッセ
  • アバルト 595 エッセエッセ
  • アバルト 595 エッセエッセ
  • アバルト 595 エッセエッセ
  • アバルト 595 エッセエッセ
  • アバルト 595 エッセエッセ
  • アバルト 595 エッセエッセ

フィアットの高性能車部門、アバルトは3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、アバルト『595エッセエッセ』(Abarth 595 esseesse)を初公開すると発表した。

エッセエッセとは、「スーパースポーツ」の意味。かつてのフィアット車に用意された伝統の称号だ。「エッセエッセキット」は1958年、当時のアバルト社がフィアット車の性能を手軽に引き上げられるように開発したのがルーツ。エッセエッセキットを装着したフィアット車は、さまざまなモータースポーツで活躍した。

エッセエッセキットが復活したのは2008年夏。フィアットが『グランデプント』のアバルト用にエッセエッセキットを設定したのだ。このキットは発売後、数か月で600キット以上を販売する人気となった。アバルト『500』にも2008年秋、エッセエッセが設定された。


アバルトはジュネーブモーターショー2019において、アバルト595エッセエッセを初公開する。アバルト『595』はフィアット『500』の高性能モデル、アバルト500をベースに、さらなるパフォーマンスを追求したモデルだ。今回、最新のアバルト595に、エッセエッセが用意される。

アバルト595エッセエッセでは、高性能なブレンボ製の大容量ブレーキをフロントに装着する。放熱性とブレーキ時の応答性を高めるデザインとした。ボディはレーシングホワイト仕上げとなっており、アバルトのサイドストライプ、ドアミラーカバー、17インチの専用ホイールが採用される。リアサスペンションには、コニ製の「FSD」が組み込まれる。


室内には、サーキットで走行データを記録する「アバルト・テレメトリー」を装備。Appleの「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」に対応する7インチ「Uconnect」タッチスクリーンシステムのナビゲーションが標準装備される。サベルト製のシートは、背面がカーボンファイバー製。カーボンペダルも装備されている。

エンジンには、BMC社製のエアフィルターを標準装備した。エンジンの燃焼品質や出力、性能を引き上げながら、より優れた吸気効率を実現するという。1.4リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力180hpを発生する。痛快なサウンドを発する「Akrapovic」エキゾーストシステムも装備される。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集