ジャガー E-PACE、デビュー1周年記念限定車の受注開始 コネクティビティなど充実

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーのコンパクトSUV『E-PACE』にデビュー1周年記念の特別仕様車「コネクテッド」を100台限定で設定し、2月27日より受注を開始した。

E-PACEコネクテッドは、人工知能(AI)アルゴリズムを備え、リモートキーとスマートフォンのBluetoothを介して車両がドライバーを識別し、ドライバーの好みに応じて、温度設定やインフォテインメント等を自動調整する「スマートセッティング」や、快適にインターネットへ接続できる4Gの「Wi-Fiホットスポット」、高画質の2D/3Dマップを表示して快適な移動をアシストする「ナビゲーションプロ」など、利便性、快適性を高める機能を多数装備。また、ブラインドスポットアシストやアダプティブクルーズコントロールなど、ドライバー支援システムも充実させている。

パワーユニットは、最高出力200ps・最大トルク320Nmを発生する2.0リットル直列4気筒INGENIUMガソリンエンジンと、180ps・430Nmの2.0リットル直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンの2種類を設定。エクステリアカラーはフジホワイト、ナルヴィックブラック、インダスシルバー、ボラスコグレイ、シージアムブルー、フィレンツェレッドの6色を用意する。

価格は469万円から486万円。

《纐纈敏也@DAYS》
【画像】ジャガー E-PACE、デビュー1周年記念限定車の受注開始 コネクティビティなど充実(6枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース