乗った? 総2階建てワイドボディ4発ジェット、エアバス『A380』が生産終了[詳細写真]

エアバスA380の初飛行(2005年)
  • エアバスA380の初飛行(2005年)
  • エアバスA380の初飛行(2005年)
  • エアバスA380の初飛行(2005年)
  • エアバスA380の初飛行のクルー(2005年)
  • エアバスA380の2回目の飛行のクルー(2005年)
  • ANA向けエアバスA380の機体ブロック搬送
  • エアバスA380 / ANA空飛ぶウミガメ(2018年)
  • エアバスA380 / ANA空飛ぶウミガメ(2018年)

エアバスは14日、世界最大の旅客機『A380』の生産終了を発表した。最後の機体が2021年にエミレーツ航空に引き渡される予定だ。A380は総2階建てワイドボディ、エンジンは4発、定員は標準的な4クラス構成で575人、最大で853人となっている。

A380生産中止の直接のきっかけは、エミレーツ航空が発注数を減らしたため。当初、162機の予定だったが、これを123機に減らした。納入されていない機体はあと14機で、これらを今後2年でデリバリーする。現在、エミレーツ航空以外にA380を発注している航空会社はなく、製造工程を維持できなくなったため、エアバスではA380型機の生産の終了を決定した。

エミレーツ航空はより小型の機体に発注を変更するという。エミレーツ航空は39機のA380をキャンセルし、40機のA330-900neo(定員:標準で287人、最大で440人)と30機のA350-900(定員:標準で325人、最大で440人)を発注した。変更の理由は「オペレーションの見直しと、航空機とエンジンの技術の進化の観点から」という。A380の生産終了に伴い、エアバスのラインナップからは4発旅客機もなくなる。

2005年に初飛行したA380型機は、総数で274機を生産する予定。1月末で234機が引き渡し済み、232機が運行中だ。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集