ゴーン後の日産、新型車とデザインを占う…かたちになるのは2020年以降

日産デイズ現行
  • 日産デイズ現行
  • 『ベストカー』3月10日号

ベストカー』3月10日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:400円(本体370円+税)

カルロス・ゴーンが経営から離れることになった日産自動車。「日本市場に冷淡な印象のあったゴーン時代の日産だった」が、戦略も変わるということで、『ベストカー』がこれから登場する日産の新型車を解説している。

その第一弾が新型『デイズ』だというが、『ベストカー』の予想する発売タイミングだと、開発は完全にゴーン体制下だ。価格や宣伝展開ぐらいは変えられるかもしれないけれど。そこは『ベストカー』編集部もわかっていて、ゴーン後の日産がかたちになって現れるのは2020年以降だという。

新型デイズ、e-POWER戦略、デザインの方向性と、ゴーン後の日産を3つのテーマで占う。

気になる見出し……●2020年ヤリスGR公道を走り出す!!●ゴーン後の日産NEW CARをスバリ占う!●ポストゴーン体制確立により日産どうなる!?●増税前の大決算期 購入ガイド 3月、クルマを買う!●もしも コラボでスポーツカーを作るなら?●平成のGT-R物語

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。レスポンス紙面上にて紹介いたします。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集