プジョー 3008、ディーゼルモデルに特別仕様車 400万円を切る価格設定

プジョー 3008 ブルーHDi クリーンエディション
  • プジョー 3008 ブルーHDi クリーンエディション
  • プジョー 3008 ブルーHDi クリーンエディション
  • アクティブクルーズコントロール作動イメージ図
  • 電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8イメージ図
  • 2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジン

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーブランドのSUV『3008』ディーゼルモデルに特別仕様車「3008 ブルーHDi クリーンエディション」を設定し、2月4日より販売を開始した。

3008は、新世代SUVとして2017年3月の日本デビュー以来、国内のプジョーの販売を牽引。都会的な洗練されたエクステリアとインテリア、パワフルかつ省燃費な走り、各種先進安全装備、そして乗り心地の良さなどが高い評価を得ている。

今回発売した3008 ブルーHDi クリーンエディションは、レーンキープアシスト、ブラインドスポットモニター、フルLEDヘッドライト、インテリジェントハイビーム、フロント&バックソナー、バックアイカメラなどの先進機能を標準装備とした特別仕様車。ボディカラーはマグネティックブルー、パールホワイト、アルティメットレッド、ハリケーングレー(ソリッド)の4色を設定する。

価格は399万9000円。同じく2リットルクリーンディーゼルと8速EATをパワートレーンとする「GTブルーHDi」の448万円を大きく下回る価格設定とした。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集