シボレー カマロ、高性能グレードの「ZL1 1LE」に2019年型…MTより速い10AT

シボレー・カマロ ZL1 1LEの2019年型
  • シボレー・カマロ ZL1 1LEの2019年型
  • シボレー・カマロ ZL1 1LEの2019年型
  • シボレー・カマロ ZL1 1LEの2019年型
  • シボレー・カマロ ZL1 1LEの2019年型

GMのシボレーブランドは1月29日、『カマロ ZL1 1LE』(Chevrolet Camaro ZL1 1LE)の2019年モデルを米国で発表した。

カマロ ZL1 1LEは、『カマロ』のサーキット走行にも対応した高性能グレードだ。「LT4」型6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーは、最大出力650hp、最大トルク89.9kgmを引き出す。

外観は、専用のボンネットやバンパーが、アグレッシブな雰囲気を演出する。ブレーキはブレンボ製だ。タイヤはグッドイヤーの「イーグルF1スーパーカー」で、サイズはフロント285/30ZR20、リアが305/30ZR20。サスペンションは、専用チューンのマグネティックライドだ。車両重量のおよそ90kg軽量化にも取り組んだ。

カマロ ZL1 1LEの2019年モデルには、新開発の10速ATを設定した。パドルシフト付きの10速ATは、カマロ ZL1 1LE用に専用チューニングを施す。トラックモードも採用されており、サーキットでのラップタイムは6速MT仕様を凌ぐ、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集