スズキ バレーノ 改良新型、表情一新&最新コネクト採用…詳細をインドで発表

スズキ・バレーノ 改良新型
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • スズキ・バレーノ 改良新型

スズキのインド部門、マルチスズキは1月28日、改良新型『バレーノ』(Suzuki Baleno)の詳細を発表した。

バレーノは2015年9月、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2015でワールドプレミアされた。インドをはじめ、欧州や日本などで販売されているグローバルコンパクトカーだ。このバレーノがデビューからおよそ3年半を経て、初の本格改良を受けた。

エクステリアは、大型化されたフロントグリルや新デザインのバンパー、最新のLED技術が組み込まれたヘッドライトなどが特徴だ。とくにフロントグリルは、より立体的なデザインとなり、アンダー部のメッキを強調することでプレミアム感を表現する。

インテリアは、ネイビーブルーとブラックのデュアルトーンのシートファブリックデザインを新採用した。スピードアラートシステムやリアパーキングアシストセンサーなどの先進運転支援システム(ADAS)も用意する。

改良新型バレーノには、最新世代の車載コネクティビティとして、「スマートプレイスタジオ」を導入する。新開発の17.8cmモニターを装備するタッチインフォテインメントシステムは、スマートフォンやクラウドベースのサービスと組み合わせて、快適な運転体験を追求する。インターフェースは、カスタマイズが可能。お気に入りの音楽を聴くだけでなく、ニュースを閲覧したり、最新の天気情報を入手したり、飲食店を探すこともできる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集