新形状のハンドルに謎のテールライトも…メルセデス Eクラス 改良新型をスクープ

メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型 スクープ写真 
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型 スクープ写真 
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型 スクープ写真 
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型 スクープ写真 
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型 スクープ写真 
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型 スクープ写真 
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型 スクープ写真 
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型 スクープ写真 
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型 スクープ写真 

メルセデスベンツの中核を担う欧州Eセグメント『Eクラス』改良新型の最新プロトタイプを、極寒のフィンランドでカメラが捉えた。またそのコックピットも初めて撮影に成功した。

キャビン内では、レジスターやセンターコンソールのレイアウトに変化は見られないが、ステアリングホイールに注目だ。サイドスポークはシャープに、そして内側に向かって角度の付いたボトムVスポークデザインとなった。これは現行モデルとは異なるデザイン、かつ同ブランドのラインアップにも見られないものだ。

またセンターハブもかなりコンパクトになっており、デジタルクラスタの視認性が高められている。またダイヤルが排除された最新世代のタッチパッドが見られるほか、最新バージョンの「MBUX」搭載も間違いないだろう。

エクステリアでは、謎だったテールライトの一部が初めて露出し、新グラフィックの一部が見えてきた。断定は出来ないが、最新のメルセデス車に見られる、トランクまで伸びたテールライトデザインが採用される可能性がある。またクローズアップで捉えたホワイトの開発車両からは、新ヘッドライトユニットの一部も見てとれる。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ターボの『E200』、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボの『E220d』、2.0リットル直列4気筒ターボの『E250』、そして2.0リットル直列4気筒ターボ+電気モーターの『E350e プラグインハイブリッド』がキャリーオーバーされるほか、3リットル直列6気筒+マイルドハイブリッド「EQ Boost」が新設定される。これは現在ラインアップされている3リットルV型6気筒ツインターボ『E450』に代わるもので、最高出力は367psを発揮する。

「セダン」を始め、「クーペ」、「ステーションワゴン」、「オールテレーン」が一斉にフェイスリフトされるが、第一弾として今秋にも、セダンのワールドプレミアが予想されている。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • BMW史上最強のハイブリッド・スーパーカー、2023年までに登場の噂 画像 BMW史上最強のハイブリッド・スーパーカー、2023年までに登場の噂
  • BMW M3 新型、4WD化は見送りか…6速MT+FRで2020年デビュー 画像 BMW M3 新型、4WD化は見送りか…6速MT+FRで2020年デビュー
  • VW初のオープンSUVは業界ジンクスを破れるか!? T-ROCカブリオレ 開発車両をスクープ 画像 VW初のオープンSUVは業界ジンクスを破れるか!? T-ROCカブリオレ 開発車両をスクープ
  • VWのバンにも巨大グリル、「T6」改良新型はエクステリア大刷新 画像 VWのバンにも巨大グリル、「T6」改良新型はエクステリア大刷新

特集