朔日参りの朔日餅をここで食べられる!! 東名阪道EXPASA御在所

伊勢神宮に毎月1日にお参りする「朔日参り」。それに合わせて赤福が限定で発売する『朔日餅』もまたファンが多い。人気の朔日餅を東名阪自動車道EXPASA御在所下り線の赤福のお店で食べることができる。

自動車 社会 社会
伊勢神宮に毎月1日にお参りする「朔日参り」。それに合わせて赤福が限定で発売する『朔日餅』もまたファンが多い。人気の朔日餅を東名阪自動車道EXPASA御在所下り線の赤福のお店で食べることができる。

「一生に一度はお伊勢参り」というくらい、今も昔も伊勢神宮にお参りしたいという人は多く、何度も参詣に訪れる人も少なくない。お参りした際に人気なのが店の名前にもなっている「赤福」だ。その赤福の、伊勢神宮内宮に通じるおかげ横丁の本店で、元日(1月)を除く毎月1日に早朝から販売されるのが朔日餅だ。

赤福から参拝者への労いともてなし。そんなことを感じるこのお菓子、毎月種類が異なる。季節や、暦などを意識して素材選びや細工がなされている。毎月1日にはこれを買い求める人の為に臨時駐車場が設けられ、店舗との間にシャトルバスが走るほどだ。

実は、筆者も少し前に朔日参りに訪れることができた。その際に朔日餅も購入した。未明から五十鈴川にかかる新橋をまたいで列をなすほど人気の商品だ。購入するにはこの列に並ぶほかないと思っていたのだが、なんと、東名阪自動車道のEXPASA御在所上り線にある赤福のお店でも食べられるというのだ。

店の人によれば「毎月1日の正午からこちらでもお出ししています」とのこと。ただし、お土産用に購入することはできない。縁台に座って、朔日餅とお茶で一息つけば、心だけはお朔日参り、となるかもしれない。

EXPASA御在所上り線の赤福では、普通の赤福に加え、冬は赤福ぜんざいも楽しむことができる。小腹がすいたとき、また食の細い方、中途半端な時間だが何かおなかに入れたいときといった、高速道路で起こりがちな「空腹問題」にも、ちょうどいいサイズの赤福、赤福ぜんざいはうれしいものだ。
《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

  • 工場夜景ベアも応援!! NEXCO中日本で「元気です北海道 応援フェア」 画像 工場夜景ベアも応援!! NEXCO中日本で「元気です北海道 応援フェア」
  • バイク駐車場&ツーリングスポット検索アプリ、道の駅404件を追加掲載 画像 バイク駐車場&ツーリングスポット検索アプリ、道の駅404件を追加掲載
  • 2月は「スマートモビリティ推進月間」…MaaS関連イベントを開催 画像 2月は「スマートモビリティ推進月間」…MaaS関連イベントを開催
  • NEXCO東日本関東支社で事故増加---三角表示板の携行を 画像 NEXCO東日本関東支社で事故増加---三角表示板の携行を

特集