マツダ系?アウディ系? 豪雪を走る謎のSUVプロトタイプの正体は

MG Xモーション 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • MG Xモーション 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • MG Xモーション 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • MG Xモーション 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • MG Xモーション 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • MG Xモーション 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • MG Xモーション 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • MG Xモーション 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • MG Xモーション 市販型プロトタイプ スクープ写真

マツダやアウディのSUVを彷彿とさせるグリルやヘッドライトを装着し、豪雪のスカンジナビアに出現した1台の開発車両をキャッチした。カメラマンからの情報によれば、MG『Xモーション コンセプト』市販型だという。

Xモーションは、2018年の北京モーターショーで初公開されたMGブランドのフラッグシップ・クロスオーバーSUVだ。「MG」はもともと「モーリス・ガレージ」の略称と伝えられている。1910年ごろから小型スポーツカーのメーカーとして、立ち上げられた。その後「BMC」や「Austin Rover」を経て、1986年には「Rover」、2000年には「MG Rover」と、幾たびもの転身を繰り返している。日本では、1995年の『MG-F』が人気を博した。そして2009年からは、中国の自動車大手、上海汽車集団(SAIC)の傘下となっている。

捉えたテスト車両のフロントエンドには、コンセプトモデルと酷似したコーナーエアインテークが見てとれる。ヘッドライトのアウトラインは、偽装のため最終デザインは不明だ。リアエンドでは、ラインLEDで縁取られたテールライトが確認できる。楕円形のツインエキゾーストパイプは残されているが、ディフューザーは外されている。これから最終デザインへ修正されるだろう。

パワートレインは、Roeweブランドの大型クロスオーバーSUV『RX8』から流用される2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーを搭載し、最高出力221ps、最大トルク360Nmを発揮。遅れてプラグインハイブリッドの設定も濃厚だ。8速ATと組み合わされ、駆動方式はFFながらオプションでAWDが選択可能となる。車格的には、『ZS』や『GS』の上に位置するフラッグシップモデルとなる。

2019年内に中国で発売が予定されているが、英国での販売は未定だという。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集