【スーパー耐久 開幕戦】家族で楽しめるイベントもりだくさん 3月23・24日、鈴鹿

グリッドキッズ イメージ
  • グリッドキッズ イメージ
  • カウントダウンボード体験 イメージ
  • レースオフィシャルおしごと体験 イメージ
  • グリッドウォーク イメージ
  • パルクフェルメウォーク イメージ
  • 激感エリア体験ツアー イメージ
  • ミニパドックツアー イメージ

春休みシーズン最初の週末となる3月23日・24日、鈴鹿サーキットは、今年最初のビッグレース「ピレリスーパー耐久シリーズ2019開幕戦 SUZUKA “S耐" ~春の陣~」を開催。家族で楽しめるイベントを多数用意する。

「ミニパドックツアー」では、通常パドックパスが必要なレース中の関係者エリアに入場。鈴鹿サーキットスタッフのガイド付きで様々な魅力に触れることができる。23日・24日各日6回実施予定。当日・先着順で定員は各回10組(小学生+保護者)。

「レースオフィシャルおしごと体験」は、23日・24日のピットウォーク中に開催。国際レーシングコースでレース運営・進行に不可欠なオフィシャルの仕事を子どもたちが体験できる。当日・先着順で定員は各回10組(小学生+保護者)。

各レース前には、「グリッドキッズ」と「カウントダウンボード体験」を開催する。グリッドキッズでは、スターティンググリッドの位置に目印としてグリッドボードを持ってホームストレートに入場。直ぐ隣までレーシングマシンがやってくる迫力の体験ができる。また、カウントダウンボード体験では、鈴鹿サーキットクイーンと一緒に、レース開始までの残り時間を告げるカウントボード出しを体験できる。両イベントとも、24日のスーパー耐久決勝レース、86/BRZレース(プロクラス)、86/BRZレース(クラブマンB)、23日の86/BRZレース(クラブマンA)の前に開催。定員はグリッドキッズが各回15組、カウントダウンボード体験が同2組(いずれも小学生+保護者1名)で、当日または事前の抽選となる。

このほか、コースから非常に近い位置でレース観戦ができる「激感エリア体験ツアー」(・ファミリーシート購入者限定)や、決勝レース終了後のマシンが集合するホームストレートを散策する「パルクフェルメウォーク」、スタート前のグリッドでマシンやドライバーを間近に見ることができる「グリッドウォーク」(VIPスイート・プレミアムまたはホスピタリティ/ファミリーラウンジ購入者限定)などを開催する。

各種チケットは2月3日10時よりMOBILITY STATION(オンラインショッピングサイト)等で発売。前売観戦券は1日分のモートピアパスポート付で4000円(大人)で購入でき、鈴鹿サーキットならではの楽しみ方として、お得にレースとゆうえんちを利用できる。また家族でお得に観戦できる「ファミリーチケット」、3名以上のグループでお得な「グループチケット」、快適な観戦環境とサービスが受けられる「VIPスイート・プレミアム」や、出場ドライバーと触れ合える「ピットウォーク券」など、それぞれの楽しみ方に合わせ用意する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集