欧州の元祖ミニバン「エスパス」、ルノースポール製エンジンが性能アップ

ルノー エスパス 改良新型 スクープ写真
  • ルノー エスパス 改良新型 スクープ写真
  • ルノー エスパス 改良新型 スクープ写真
  • ルノー エスパス 改良新型 スクープ写真
  • ルノー エスパス 改良新型 スクープ写真
  • ルノー エスパス 改良新型 スクープ写真
  • ルノー エスパス 改良新型 スクープ写真
  • ルノー エスパス 改良新型 スクープ写真
  • ルノー エスパス 改良新型 スクープ写真

ルノーのベストセラー・ミニバン、『エスパス』改良新型を初めてカメラが捉えた。今回のフェイスリフトでは、前後デザインの他、パワートレインにも進化が見られそうだ。

1984年に誕生したエスパスは、1997年の3代目までマトラ・オートモビルと共同開発されていたが、2003年に発売された4代目以降はルノーの自社開発生産となった。日本と異なり、商用車的イメージがまだある欧州において、乗用車として認識されている数少ないミニバンと言える。

スカンジナビアで捉えた開発車両は、ボディ前後がカモフラージュされている。変わるのは、ヘッドライト、フロントグリル、コーナーエアインテークを含むバンパー、テールライトのグラフィックやバンパーが刷新されるようだ。

現行モデルのパワートレインには、ルノースポール製1.8リットル直列4気筒「TCe225」ガソリンエンジンが搭載されており、最高出力225psを発揮する。これは、最高出力252psを発揮する『アルピーヌA110』新型のエンジンをデチューンしたものだが、改良新型では馬力アップが期待できそうだ。また最高出力160psと200psを発揮する新開発2.0リットルディーゼルエンジンが新たに設定される模様。

その他装備などでは、ホイールオプション、ソフトウェアのアップデート、トリムな類などがリフレッシュされる。

ワールドプレミアは、2019年内に行われるはずだ。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

  • 13年ぶりの大変身!トヨタ ランドクルーザー 次期型、2020年秋デビューか 画像 13年ぶりの大変身!トヨタ ランドクルーザー 次期型、2020年秋デビューか
  • BMW 1シリーズ 新型、最終デザインほぼ見えた…3ドア廃止で3月デビュー 画像 BMW 1シリーズ 新型、最終デザインほぼ見えた…3ドア廃止で3月デビュー
  • 新テールライト光った…メルセデス GLEクーペ 新型、プロトタイプに大接近! 画像 新テールライト光った…メルセデス GLEクーペ 新型、プロトタイプに大接近!
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型、自動運転「レベル3」実現か…開発車両をスクープ 画像 メルセデスベンツ Sクラス 次期型、自動運転「レベル3」実現か…開発車両をスクープ

特集